子育てにとって大切な時期

下の子は、まだ1歳にならないですが、保育園にあずけようと思っています。

約半年間奥さんと相談して来ましたが決めました。

子供にとって1歳になるまでの時期は母親と触れ合う期間とても重要だと思います。

下の子は、やっとこちらの問い掛けに反応出来るようになり、
あやしてあげるとニコニコ笑ってくれるようになりました。

この頃になると、夜泣きが始まる頃で、母親の疲れがピークになっています。

でも、こにらの問い掛けにニコニコ返してくれて、
子供の嬉しそうな笑顔に癒され、また頑張ろうという気持ちになると思います。

このような時期に、働くという現実、働くことで育児の疲れから解放される、
といったたくさんの育児から少しでも離れるということと、

もっと子供と一緒にいたい、いてあげたい気持ち、まだ独りで立つ事も出来ない子を
預てしまう後悔の気持ちでした。

私達は、子供を預けるという道を選びましたが、
家族全員で、子供と触れ合うことはこれからも変わらない、ということで預けることにしました。

私は、母親はずっと育児に専念して子供達のそばにいてあげるのが一番と思いますが、
母親も1人の人間なので、たまには羽を伸ばして遊びに行ったり、
仕事を一生懸命にして、認められたりすることで、達成感や気分転換が出来るのだと感じています。

同じことが、父親にも言えて、
仕事一辺倒や付き合いで早く帰れるのに帰らない、
休日もずっと寝ていたり、とかでは子供と十分に接することは出来ず、結局気分転換すらうまく出来きないんじゃないかな、
と感じています。

そう言っている私自身も仕事が忙しくなると、
仕事優先で母親任せになっていて、子供と触れ合うことが面倒に感じることがあります。

その状況で一番可哀相なのが子供達になってしまいますね。

子供って、私達親の行動や仕草や会話やそのときの感情まで、よーく感じ取っています。

子供の方が疲れている親に気を遣ったり(笑)します。

子供がどう成長していくか、今は分かりませんが、

『子供は宝』なんて言いますが、今の時期は子供と触れ合うこどが重要と肝に念じて過ごして行こうと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック