デジタルへの流れ

ゴールデンウィークに子供のダンス発表会があり、写真を撮ったのですが、

会場が、大きなホールだったので、少し暗かったです。

このため私は、ISO800のフィルムを使って撮影したのですが、

それでもシャッター速度が遅くなりブレてしまった写真が多くなってしまった。

大ホールなのでフラッシュを焚いても光は届かないだろうし、

絞りを変えたところで、十分な光量は得られないだろうし、

ISO1600のフィルムを使えば、画像が粗くなってしまうだろうし、

う~ん、フィルムでは限界なのかな?

もっと前で撮れば少しは違うのだろうか。

ここ数週間デジタルの方が良いか、真剣に悩んでいたりします。

NIKONのデジタル一眼の上位機種のD700やD3Sなどは、

感度を上げても画像がとてもきれいだと評判で、

大ホールなど暗いところでの撮影には最高だと私は思っています。

でも、デジタルの手軽さに慣れてしまうと写真を撮る楽しみがなくなってしまい、

最後には写真に興味を示さなくなってしまうのではないだろうか、

と考えているためデジタル一眼には手を出さないようにしています。

いつまでその感情を抑えられるか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2011年05月29日 12:31
 めずらしいですね、フィルムカメラ。
 両方持つってゆうのはどうですか
 状況に応じて使いわけるとか。
 ちゃんと撮りたいときはフィルムで、、、とか。
 だって、デジタルのほうがコストかからないっすよ
もっち
2011年05月29日 17:49
みずさんへ
コメントありがとうございます。
両方持つの夢です(笑)。
気合いを入れるときはフィルムで、
記録的な撮影はデジタルで、
なんて出来るといいのですが、
きっとデジタルを使ってしまうと
その手軽さにおぼれてしまい、
そっちばっかり使っちゃうんだろうな、と。
ダークサイドに落ちる感じで(汗)(笑)

この記事へのトラックバック