ベビーカーで転倒

朝、登園時に、いつものことながら時間がないので走って登園していたら、ベビーカー共々転んでしまいました。

毎日、お姉ちゃんと下の子と話をしながら登園しているのですが、時間がいつもギリギリなので、ベビーカーを押しながら歩いたり走ったりしています。

ふだん歩いている道は、ガードレールがありその支柱が大きなブロックになって、そこにベビーカーの前輪をぶつけてしまいました。

いつもなら前輪をぶつけて前のめりになり転びそうになるのですが、なんとか転ばずに事なきを得るのですが、昨日は違いました。

なんと、勢いがつきすぎていたせいか、私がベビーカーに乗りかかるようになってしまい、前のめりのままこらえきれず前転するような格好で転倒。
私は一回転で道路に転んでしまい、ベビーカーも前のめりになりながら転倒!

ベビーカーに乗っていた下の子は、ベルトをしていたので放り出されることはなかったのですが、ベビーカーに座ったまま横倒しに。
その時に、手の甲を地面にぶつけてしまったみたいでした。

私は、急いで起き上がり倒れているベビーカーを起こしたのですが、下の子は前のめりになって転倒した際にビックリしたのと、手の痛みで大泣きに。

手のケガは、地面にぶつけて擦りむいたような状態に。

倒れたときの動揺と、泣いている下の子のケガの状況を確認したのですが、下の子はナカナカ泣き止まず。
ケガはたいしたことは無さそうだったのですが、転倒したときに相当にビックリしたようでした。



『ほんとに、すまん』

という気持ちで、また歩き出したのですが、下の子はナカナカ泣き止まずでした。



保育園についても泣き止まず、さすがに心配に。

手のケガを見てみると、転んだ時よりも赤くやや腫れてきていました。

それでも見た目は、それほど酷くは無さそうな感じでしたが、でも痛かったよね、ぜったいに。

保育園の教室に入るも、いっこうに泣き止まない下の子。

保育園の先生にも事情を説明すると、氷を持って来てくれて下の子の手を冷やしてくれました。

こういうときの先生って本当に助かります。しかもすぐに冷やしてくれて。

私は、たいしたこと無いだろうと相変わらず呑気。

下の子には、申し訳なかったのですが、そのまま先生に預けて仕事に。



電車の中で、しばらく反省していた私。

『ほんとうに、ごめん』という気持ちと、『会社を休んで連れて帰った方がよかったのかも』という葛藤。

ほんとに憂鬱でした。

下の子が泣き止まず、呼び出されるかなと思い、仕事に行きましたが、結局呼び出しは無かったです。

夕方、家に帰って来た下の子の様子を聞いてみると、『元気にしていたよ』と。

ホッとしたのと、もう朝は走るのをやめようと誓いました。





毎日そうなのですが、朝は時間がなく、かなり急いでいる私。

まず、この時間の無い状況を改善しないといけないですね。

私が、もう少し早く起きれば良いことなのですが。。。

来週は、もう少し早く起きて、ゆっくり登園出来るようにしようと思います。




下の子には、とてもかわいそうなことをしてしまいました。




ごめんよ!父ちゃんがいけなかった。(__)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

たっくんママ
2013年03月09日 12:55
私、2歳のたっくんをベビーカーに乗せて歩いていた時、ベビーカーの上に突如大きな蜂がブーンと現れ私の顔の前に!!右は道路、左は民家の砂利だったので左に思いっきりベビーカーを突き飛ばして自分は蜂を避けました。ベビーカーはスローモーションで(私の目にはそう見えた)横倒しに。たっくんは大泣き。私は大笑いで謝って起こしましたが、遠目だと蜂は見えないので、端から見ると「突如ベビーカーを突き飛ばした鬼母」だよね(笑)怪我はなかったけど笑いながらも自分にガッカリしましたよ。不意な転倒より故意の突飛ばしの方が酷いって。そんなこともあるさ!ファイト!!
2013年03月11日 10:52
たっくんママさん
こんにちは!
蜂の襲撃とは、また大変な場面でしたね。
スローモーションは私もそうでしたよ!前のめりに前転する自分もしっかりベビーカーを見ていて、ゆっくり倒れていく様子が見えていました。(笑)
たっくんケガが無くてほんとに良かったですね~。
遠目に見ていた方は、ン?な場面だったと思いますが、ケガが無かっただけでも、ね。
そうそう、なぜか笑っちゃうんですよね、ケガが無かった安堵感なのか、転んだということを恥ずかしいと思ってしまうのか。私も不謹慎とは思いながら笑ってしまっていました。

この記事へのトラックバック